よくある質問

      美容室クリップ
印の日は定休日です。
Blog

縮毛矯正をすると、髪が傷むと聞いていますが?

パーマ・カラー・縮毛矯正もそうですが、「傷まない施術」というのは、ありません。

「ご来店時の毛髪の状態を見極めて、毛髪の強度をなくさないような薬剤を

選択して使用します。」

「パーマ、矯正後にノンダメージのカラーをお勧めしています。」

クリップでは、

カラー・パーマ・縮毛矯正での施術で、「炭酸泉」を使います。

炭酸泉を使うと、お湯で流すより、頭皮に付いたカラー剤や薬液などの残留物を

二酸化炭素が浮き上がらせて、除去してくれます。

中間水洗はもちろん、しっかりとしなければ「ダメージ」になります。

パーマ・縮毛矯正は、1剤をしっかりと流さないと、ダメージの原因になり

良い仕上がりになりません。

「だから」「炭酸泉を必要な施術につかいます」

時間、どれくらいかかるんですか

時間の目安として下さい。

パーマ 3H~3.5H

きっちり、スタイリングまで致します。

縮毛矯正4H目安です。

傷み具合で変わります。

マンツーマンで最初から最後まで髪の状態を見ながらの施術を致します。

クリープパーマは通常のパーマと変わりませんが3時間を目安にしてください。

スタイリングまできっちり施術致します。

マンツーマンですので、時間に余裕を持っての

ご予約をお願い致します。

キャンセル、遅刻の場合料金は発生しますか?

キャンセル・遅刻に料金は、発生しません。遅れる場合は、お電話下さい。

キャンセルの場合も同様で必ず、お電話下さいね。

遅れる度合いでは、予約の時間・日を変更していただく場合があります。

余裕を持ってのご予約をお願い致します。

技術

ハイダメージで毛先がびりびりじりじりになってますが、修復できますか

髪の状態を見させてもらって、前回までの施術の履歴や日頃のお手入れの方法や毎日のスタイリングなどをお聞きします。

 「ビビリ毛」とは、毛先がジリジリ・ザラザラ・チリついたみたいな状態で、きれいじゃないかんじと言えばわかりやすいでしょうか?

「クリップ」では、ハイダメージ毛に縮毛矯正をする場合、ビビリ毛は、保護して、薬液がつかないようにして、他のところを縮毛矯正します。

毛先のハイダメージ部分は「ビビリ補修」の薬液などで低温アイロンで施術してゆきます。

「毛先のビビリや中間から毛先の部分のビビリ毛になってしまった方は、クリップにお問い合わせください。

「ビビリ毛補修は縮毛矯正の料金にプラスで致します。」

ブログにも「質感調整的な縮毛矯正の施術の記事を載せています。

ご覧ください

アメブロ「クリップのブログ」

http://ameblo.jp/naru-clip/

縮毛矯正の料金、学割ありますか?

中、高校生までは学生割引は10%引きになります。

カットをされる場合は中、高生以上の方は

通常のカットより1,000円引きになります

 

 

肌が弱いけどカラーは、大丈夫?

               100%天然のヘナを始めました!!

ケミカルヘナでありません!!化学染料を全く配合していない天然の ”ヘナ” です。

当店のヘナはノンジアミンです。

ヘナはオレンジに染まりますがインディゴとミックスすることで白髪をカバーできる

ブラウン系に染まります。

天然なので2回染めを基本とさせてい頂いております。

同じ部分への複数回の染めは染まりが暗くなる原因になりますので、褪色が進んでいない部は基本的に

新生部へのリタッチにのみにさせて頂いております。

       

           

ペッタンコにはなりませんか?

縮毛矯正ですので、ある程度、ボリュームは押さえられますが、ペッタンコになる縮毛矯正の仕上がりには、なりません。(軟毛、生え方などにより、立ち上がりを出せない場合があります)

根元の自然な立ち上がりを出せるように、できる限り最善をつくします。

毛先は、針金みたいになりませんか?

なりません。自然なストレートになります。

どのくらいもつの?

パーマについては、2・3カ月が目安ではないでしょうか。

パーマ・カラーリングの持ちをよくするためには、「毎日のヘアケアの大切さ」「髪に不足している栄養分を補い・余計な感触剤の入っていないシャンプーとトリートメント」をお使いになることが髪が健康でいられる方法です。

 

縮毛矯正の次回の施術目安

★新しく生えてきたところがまたクセが出てきて、まとまらない、気になるようになってきたとき

★髪がふくらんでどうしようもないとき

カラーをしていますが縮毛矯正できますか?

はい、カラーをされていても、縮毛矯正できます。(明るいカラー毛で強度がなくなった場合などはできない場合があります。事前にお問い合わせ下さい。)

縮毛矯正をすると、カラーが褪色(色が落ちて)します。褪色した場合は、ダメージなく色を補う

ことができるカラーを行っています。おたずねください!

☆矯正後のカラーを他店でされたときにダメージを受けることが多々あります。

カラーだけの施術しか考えていないので、強めのカラー剤を使うことが原因です。

矯正をしてくださった当店でカラーをする事をおすすめいたします。

傷み

傷みませんか?

カラーやパーマや縮毛矯正をすると、髪は、傷みます。

傷みにくくするということ。

それは、今のダメージの状態以上にダメージを作らない薬液の選定や、

毛髪診断や施術の仕方を変えることだとクリップは考えています。

実際に、縮毛矯正をされたお客様が

「こんなの、ほかのお店と今までのやった矯正と全然ちがうわ!」

と、いわれます。

パーマや縮毛矯正でダメージになった

縮毛矯正したのに、くせが伸びていない

ばさばさ・かちかちになった

ピンピンのまっすぐになりすぎて、イヤだ!!

という方は、クリップでの縮毛矯正に驚かれます。

あくまでも、くせをしっかりと伸ばして、自然な縮毛矯正

ナチュラルストレートにこだわります。

2回目の施術では、新たに髪が伸びたところのみの矯正ですから、

薬液の重ねづけはいたしませんから、髪は、傷みにくくなります。

そして、毎日の良い、ヘアケアを続ければ、

いつも、年齢にかわりなく、「きれいなストレート」が

持続いたします。

ストレート・パーマと縮毛矯正はどうちがうの?

◎ストレートパーマ

ストレートパーマは、本来直毛(ストレート)の人がパーマなどをかけた後に、元の髪質に戻すために行うものですので、クセ毛の人がストレートパーマをかけても、パーマの効果が落ち、時間が経てば再びくせ毛に戻ってしまいます。

ですので、クセ毛の方がストレートにしたい場合は、ストレートパーマではなく、縮毛矯正を選択しなければなりません。

◎縮毛矯正

縮毛矯正は、薬剤と高熱のヘアアイロン(使用しない場合もあり)によって、くせ毛をストレートにするので、伸ばした髪の毛は半永久的にストレートになります。

ですので元々直毛(ストレート)の方が、パーマなどをかけた後に元に戻すためには、ストレートパーマで十分で、縮毛矯正する必要はありません。

☆年齢とともに弾力がなくなりクセが強く出てくることが多々あります。その場合は直毛と思っていても意外と落ち着かない、ダメージなどによりパサパサなどの条件が重なり対応が変わる場合があります。ご了承ください!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さいTEL:0736-42-3023